お出かけBossa:スタンダード版の魅力 — Bossa / 坊茶コラム 6

:::

文・写真:前田弘志(Bossaチームリーダー)

:::

スタンダード版はポケットにも入るサイズ

:::

こんにちは。チームリーダーの前田弘志です。今日はみなさまにスタンダード版の特長をお伝えしたいと思います。

私はBossaの全てのバージョンを持っています。
まぁ、当然ですよね。オフィスには「匠のアート版」があり、お客さまをお招きした際におもてなしをします。自宅には「クラシック版」があります。夫婦二人暮らしで小さな子供がいませんので、このシンプルでちょっと上質なバージョンが私たちにはちょうどフィットします。
ですが、今日私が強調したいのは、私のカバンの中にはいつも「スタンダード版」が入っているということなのです!

:::

コンパクトでカジュアル

「スタンダード版」はBossaの4つのバージョンの中で最もコンパクトです。まず、なんといっても箱のサイズ。それは、たった87(w)×87(h)×28(d)mmです。カバンなら楽勝で入る!  ジャケットのポケットにだって入りますよ(ちょっとダサイかもしれないけどね)。つまり、持ち運びに便利!  どこにでもBossaを連れ出すことができるのです。

:::

スタンダード版のパッケージング

:::

いろんな場所で楽しめる

ドットタイルやアクションマーカーも他のバージョンより小ぶりですから、「スタンダード版」は、より狭いスペースでプレイすることができます。例えば、ランチタイムや休憩時間にカフェテリアのテーブルの上で、仕事の後にバーやパブのカウンターで。プレイ時間も1ゲーム5〜10分と短いので、気軽に楽しめます。

:::

休憩時間にカフェテリアのテーブルの上で
仕事の後にバーカウンターの上で

:::

取り扱いが気楽

「スタンダード版」は決してヘビーデューティ仕様なわけではありませんが、それでも非コーティングの「クラシック版」や上質な素材で作られた「匠のアート版」よりも気楽に取り扱えると思います(あくまで、私個人の見解ですが)。というのも、「スタンダード版」のドットタイルは、表側は光沢コーティング仕上げ、裏側はマットコーティング仕上げですから。構造としては、チップボールの芯を持ち、表面の紙に特色インクでオフセット印刷されています。

:::

スタンダード版のドットタイル
ドットタイルの表面(左)、裏面(右)

:::

日本のボードゲーム製造工場製

「スタンダード版」のドットタイルとアクションマーカー、箱は、ボードゲーム作りの経験豊富な日本の会社で製造されています。名古屋市にあるその会社は、品質の確かなものづくりで、日本のゲームクリエイターたちの間では良く知られています。私たちも彼らの技術と品質を信頼していて、これまで複数タイトルのゲームコンポーネント製造を委託しています。

*BGM 盤上遊戯製作所(株式会社モリカワ)https://boardgamemill.jp

:::

BGM 盤上遊戯製作所の工場

:::

Bossaと一緒にお出かけしませんか?

あなたの大切なコレクションとして、ご自宅用に「クラシック版」や「匠のアート版」を、そして持ち歩き用にコンパクトでカジュアルな「スタンダード版」という選択はいかがでしょうか。

:::

左から「スタンダード版」「クラシック版」「匠のアート版 “水”」「匠のアート版 “水”」

:::

今回も読んでくださりありがとうございました。そして、私たちのプロジェクトへのご支援にも改めて感謝申し上げます。Bossa / 坊茶があなたのお気に入りになってくれたら、とてもうれしく思います。

前田弘志(Bossaチームリーダー)

:::

「ゲームマーケット2022秋」に出展!
お取り置き予約受付中!!

・2022年10月29日(土)・30日(日) 11:00〜17:00
・東京ビッグサイト 東展示棟1,2,3ホール

Kickstarterにて海外バッカーから高い支持をいただいた、ペーパークラフト職人製作による「クラシック版」「匠のアート版」が、いよいよ日本のゲームマーケットに登場!
今回販売できる数量は限られておりますので、入手したい方はぜひお取り置き予約を!

→ ゲームマーケットお取り置き予約フォーム
https://forms.gle/ZPYK5hg7iF8rgLbY6

:::

坊茶 / 坊茶コラム バックナンバー(リンク)

:::

Bossa/坊茶 bananamoon-games.jp